【写真まとめ】女性皇族たちとティアラの歴史

 1日に20歳の誕生を迎えた、天皇、皇后両陛下の長女愛子さま。5日には皇居で成年行事があり、女性皇族の正礼装であるローブ・デコルテというドレス姿に、ティアラ姿を初披露します。ティアラは女性皇族が儀式や宮中晩餐(ばんさん)会など、最も格式が高い正装姿の時に着用します。

 2019年5月1日、即位の日に皇后雅子さまが着用したのは、歴代皇后に受け継がれたティアラでした。

 また、1993年の結婚時、皇后雅子さまが着用したのは、香淳皇后、上皇后美智子さま、そして雅子さまへと、三代にわたり受け継がれたティアラでした。

 愛子さまは今回、ティアラを新調せず、天皇陛下の妹の黒田清子さんに借りて成年行事に臨みます。側近によると、両陛下と愛子さまはコロナ禍で経済活動や国民の暮らしに影響が出ていることを考えたといいます。

 愛子さまが成年皇族の一員となるのを機に、女性皇族方のティアラ姿を写真で振り返ります。