バス停に車が突っ込み2人死亡、2人けが 容疑の71歳逮捕 横浜

会員記事

[PR]

 25日午後2時半ごろ、横浜市戸塚区平戸町の国道1号で、「バス停に車が突っ込んで、待っていた人をひいた」と110番通報があった。戸塚署によると、4人がはねられ、うち女性2人が死亡。ともに70代の男女も軽傷を負った。同署は車を運転していた会社員の佐藤次守容疑者(71)=東京都足立区東伊興3丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、発表した。

 死亡したのは、横浜市戸塚区戸塚町の医療事務員、大沢弥生さん(45)と、同市泉区中田南1丁目のパート従業員、渋谷幸恵さん(56)。ともに搬送先の病院で死亡が確認された。

 現場は片側1車線の緩やかな右カーブ。同署によると、佐藤容疑者が運転していたワンボックス車は東から西へ向かっており、現場から約50メートル手前の交差点を通過した後、歩道に進入し、バス停にいた人をはねたとみられる。車はバス停とその脇の電柱に衝突して停止。バス停にいた5人のうち、男性1人をのぞく4人がはねられたという。

 同署によると、佐藤容疑者は「交通事故を起こし、人をケガさせたことは間違いありません」と供述。署は容疑を過失運転致死傷に切り替えて、事故の経緯を調べる。

 現場はJR東戸塚駅の東約1・2キロの店舗や住宅が点在する一角。

容疑者、自宅近くで駐車時の接触事故繰り返していたか

 横浜市戸塚区のバス停で25日午後、男女4人がはねられ、うち2人が死亡した事故。現場は交通量が多く、近くの住民によると、朝夕は多くの子どもが登下校で通るという。

 事故の後、近くに住む50代…

この記事は会員記事です。残り485文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。