難題は「引っ越し」 上皇ご夫妻も訪れた水族館、最後の1年を追う

有料会員記事

臼井昭仁
写真・図版
かつて海女が餌やりを披露した回遊水槽の前に立つ里中知之さん。建物は閉鎖されている=2021年11月10日午前11時56分、三重県志摩市、臼井昭仁撮影
[PR]

 半世紀超の歴史を持つ水族館がこの春、閉館した。累計1270万人が訪れ、上皇ご夫妻も足を運んだ三重県志摩市の志摩マリンランド。昨年12月、「閉じることになった」と突然の宣告があって以来、館長たちは生き物の引っ越し作業に追われ、今月すべての残務整理を終えた。最後の1年間を追った。

 「生きものたちにはきっとどこかで出会えます」「すべての方に幸あれ」

 閉鎖されたマリンランドの玄関。最後の営業日となった今年3月31日に従業員らが書いたメッセージボードが残されたままになっていた。

 今月10日、最後の館長となった里中知之さん(55)の案内で、中に入った。

閉館し、何もいなくなった水族館。7千超の生き物たちはどこへ…。記事の後半には動画もあります。

 奥へ進むと真っ暗闇に。懐中…

この記事は有料会員記事です。残り3008文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!