• アピタル

「新しい自分に」がんで変化した外見に自信 広がるアピアランスケア

有料会員記事

天野彩、編集委員・辻外記子
[PR]

 がんの治療に伴う見た目の変化に対処する「アピアランスケア」が広がりつつある。手術の痕や抗がん剤による脱毛、皮膚の変色などをケアすることで、元通りにはならなくても、患者の不安をやわらげ、生活の質を高める効果があるという。10月には日本がんサポーティブケア学会が医療者向けのガイドラインをまとめた。

 埼玉県に住む公務員の男性(45)は2016年秋、右頰骨の骨肉腫と診断された。2カ月ほど前から、洗顔時に顔にしびれを感じていた。抗がん剤で腫瘍(しゅよう)を小さくして17年1月、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)で、18時間におよぶ手術を受けた。

 右目を含む顔の半分近くをとり、おなかの皮膚でふさぐ。事前に説明は受けていた。しかし手術の後、包帯をとった顔を鏡で見て、「これ、自分か?」。パッチワークのような状態に衝撃を受けた。

 外見が大きく変わったことを心配した妻(44)らが、院内のアピアランス支援センターに相談をしていた。2人の息子に久しぶりに会うとき、どう振る舞えばいいか。今春までセンター長だった目白大の野澤桂子教授(心理学)が男性のもとを訪れ、助言をした。

「困るのは、雰囲気が変わること」

 「びっくりはするけれど傷には慣れます。これまでと同じように明るく接してください。お子さんが困るのは、お父さんの雰囲気や性格が変わってしまうことです」

 当時10歳だった次男は対面後、「お父さん、今までと変わってなかったね」と妻に言った。「ショックを受けると申し訳ない」と思っていた男性は安堵(あんど)した。

 男性はウィッグと貼るタイプの眼帯をし、元の職場に復帰した。その後、外にも出る部署に異動し、周囲の視線を以前より感じるようになった。

「挑戦、後押しのため」とエピテーゼ

 術後4年が過ぎた今年9月、人工物で顔を覆う医療用具エピテーゼを作り、使い始めた。「仕事の幅を広げて挑戦もしたい。ステップアップのための後押しがほしい」との思いからだ。

 男性は言う。「エピテーゼを…

この記事は有料会員記事です。残り1390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!