元徴用工や元慰安婦らへの謝罪求める 韓国大統領選の与党候補

会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 来年3月の韓国大統領選に、進歩(革新)系与党「共に民主党」候補として立候補予定の李在明(イジェミョン)前京畿道知事が25日、ソウル外信記者クラブで会見した。李氏は、日本には過去の加害責任があると強調。日韓関係の改善には、元徴用工や元慰安婦らに「過ちを認め、補償することが望ましい」との考えを示した。

 李氏は日本に厳しい発言で知られる。25日の会見では、元徴用工への賠償を日本企業に命じた2018年秋の韓国大法院(最高裁)判決や、元慰安婦への賠償を日本政府に命じた今年1月のソウル中央地裁判決について、行政の介入はできないと主張。「判決を取り消すことはできず、執行しないことも不可能だ」と述べた。原告の望みは謝罪とし、日本政府や企業側が真剣に謝罪すれば、「賠償問題は現実的な案がいくらでも見つかる」と主張した。

 また、日本が「普通の国家」との名分で、「軍事大国化を夢見ている」と持論を展開。日本が竹島(韓国名・独島)の領有権を主張していることに対し、「過去の歴史を明確に認めず、心から反省していない」と批判した。

 さらに、日本の対韓輸出規制…

この記事は会員記事です。残り212文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。