引退よぎったヤクルト川端「もう無理だと」 悔しさが自分を動かした

有料会員記事

藤田絢子、室田賢
[PR]

手記 ヤクルト・川端慎吾

 引退も頭にありました。

 近年は代打が多かったのですが、結果が出なかった。どうやって代打の1打席で打てるんだろうと考え始めました。一打席集中で、もっと確実性をあげる打撃フォームに変えました。

 これまではセンスだけでやってきた感じで、あんまり考えていなかった。こんなに自分の打撃を見つめ直すことはなかったです。

 今となったら良い経験だったのかもしれないです。勉強もしたし、コーチや先輩など、いろんな人の話を頭に入れた。整理して、どれが自分にあっているのか試行錯誤して、今のフォームにいきつきました。

 ノリさん(青木宣親)から「やってみたらどう」と言われたアドバイスが生きています。

 今年のオープン戦のころに…

この記事は有料会員記事です。残り1124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!