高2自殺、「いじめが原因」と地裁認定 残したLINEが鍵に

会員記事

布田一樹
[PR]

 北九州市の私立高校2年の女子生徒(当時16)が2017年に自殺したのは学校でのいじめが原因だったとして、両親が学校管理下での事故に災害共済金を給付する独立行政法人に死亡見舞金を求めた訴訟の判決があり、福岡地裁(立川毅裁判長)は25日、いじめと自殺との間の因果関係を認め、原告の請求通り2800万円の支払いを命じた。

 女子生徒の自殺をめぐってはこれまで、学校が設置した第三者委員会と、福岡県の再調査委員会がいじめを認定しつつ、「自殺との因果関係はない」と判断したり、「(自殺の)主原因とは断定できない」と結論づけたりしていた。

 判決によると、女子生徒は1…

この記事は会員記事です。残り693文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。