総会目前 買収防衛策を急きょ撤回 新生銀社長が語る理由とは

会員記事

小出大貴、細見るい
[PR]

 ネット金融大手SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)に対抗する買収防衛策を急きょ取り下げた新生銀行の工藤英之社長は25日、記者会見を開き、「(SBIに)私どもの経営方針を尊重するという譲歩をいただき、不透明感がかなり払拭(ふっしょく)されたためだ」と説明した。

 新生銀は24日、買収防衛策を取り下げ、その賛否を問う予定だった25日の臨時株主総会を中止した。

 背景には、実質的な筆頭株主の国が総会で防衛策に賛同しない意向だったことがあるのではないかという見方について、工藤氏は「国の議決権行使の見込みがどうなるかという話は関係ない」と否定。24日にSBI側が新生銀の経営方針を「尊重」すると回答したことが大きな決め手だったとし、「この尊重は非常に重たいもの。従業員の安心感にもなり、いいスタートが切れる」と話した。ただ、SBIが経営方針のどの部分をどう尊重すると回答したかについては、具体的な言及を避けた。

 新生銀は当初、SBI以外の…

この記事は会員記事です。残り610文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。