ヤクルトが20年ぶり6度目の日本一 オリックスに4勝2敗

[PR]

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2021は27日、ほっともっとフィールド神戸で第6戦があり、セ・リーグ王者のヤクルトがパ・リーグ王者のオリックスに勝って4勝2敗とし、20年ぶり6度目の日本一を決めた。セ・リーグ勢が日本シリーズを制したのは、2012年の巨人以来、9年ぶり。11月27日の日本一決定は、同28日に決着した1950年の第1回に次いで2番目に遅い記録となった。

 ヤクルトは京セラドーム大阪で行われた第1戦で、九回に2点のリードを守り切れずサヨナラ負け。だが、第2戦で先発の高橋奎二がシリーズ初登板を完封勝利で飾ると、ここから3連勝。勝てば日本一だった第5戦は、5―5の九回にオリックスのジョーンズに代打本塁打を打たれ3勝2敗に。相手のホームゲームとなったこの日、念願の日本一を手にした。