北海道・留萌を卓球のまちに 立ち上がった「世界のカットマン」

有料会員記事

能田英二
写真・図版
現役時代の松下浩二さん。カットの名手だった
[PR]

 北海道の人口約2万人の小さな自治体、留萌市卓球を核にした地域活性化をめざす取り組みを始めた。立ち上がったのは日本初のプロ卓球選手としてドイツでもプレーした「世界のカットマン」だった。

 10月、卓球日本選手権の北海道予選ジュニア女子(高校2年生以下)の決勝。卓球関係者はその対戦カードに驚いていた。中学1年と中学2年の留萌の中学生対決だったからだ。ひとりは、とあるコーチの指導力を頼って東京から7月下旬に留萌の中学校にやって来た。もうひとりは、地元で知られた卓球3兄妹の末っ子。2人とも留萌を拠点に全国での活躍が期待されている。

 今年4月から留萌市にコーチを派遣しているのが、卓球用品メーカーのVICTAS(ヴィクタス)。東京五輪で日本初の金メダルを獲得した水谷隼伊藤美誠ペアが着ていたユニホームはVICTAS製だ。

 同社の松下浩二社長(54)は国内トップの卓球リーグTリーグの初代チェアマンを務めた。球に下回転をかけて返球する「カットマン」で知られ、日本最多タイの4度の五輪出場。日本初のプロ選手として欧州で活躍した卓球界のレジェンドだ。

 11月5日、VICTASは留萌市と、「卓球を通じた子どもたちに夢と希望を与える取り組み」「卓球を通じた市民の健康増進」など七つからなる包括協定を結んだ。松下社長は「これからの日本は大都市でなく、地方都市の活性化が重要になる。スポーツ、卓球の町、留萌を全国にPRしたい」と語った。

 卓球メーカーと留萌市が結び…

この記事は有料会員記事です。残り2020文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!