「痴漢です」叫び声きいた修学旅行の先生が100m猛追 生徒も連係

会員記事

浅田朋範
[PR]

 10月30日午後2時25分ごろ、奈良県斑鳩町のJR法隆寺駅に奈良発の大和路快速(8両編成)が滑り込んできた。

 ドアが開き、ホームに降りた埼玉県久喜市立太東中の生徒らが女子中学生の叫び声を聞いた。引率の教師と生徒約15人は修学旅行で法隆寺に向かう途中だった。

 女子中学生は、この電車の4人掛けボックス席の窓側に1人で座っていた。車両内は閑散としていた。だが、大和小泉駅から乗ってきた初老の男は隣に来て腰を下ろした。上下とも黒のウィンドブレーカーを着ていた。

 西和署によると、男は大和小泉駅から乗車し、法隆寺駅に到着するまでの間に、女子中学生の左太ももに手を置き、触ったという。

 女子中学生が男の方を見ると…

この記事は会員記事です。残り592文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。