北海道にいないと言われるが…円山公園のゴキブリはどこから来たのか

有料会員記事

松尾一郎、戸田拓
【動画】円山公園のゴキブリはどこから来たのか=戸田拓、松尾一郎撮影
写真・図版
夏の夜にはゴキブリを観察できる円山公園=2021年11月15日、札幌市中央区、松尾一郎撮影
[PR]

 テレビやラジオなどでもたびたび取り上げられる「北海道にゴキブリはいない」説。結論から言えば、「いる」のだが、本州以南でのゴキブリとは事情がちょっと違うようだ。今年夏、記者が札幌市の名所で目撃したゴキブリのコロニー(生物集団)の実態を追った。

 8月中旬の夜9時ごろ、札幌市中央区の円山公園を散策していた時のこと。ジョギング愛好家が走り抜ける小道のそばに目をやると、立ち木の根元付近でカサカサとうごめく小さな影が多数見えた。2本の長い触角、濃い茶色の体……。時には口に出すこともはばかられる「G」。ゴキブリそのものだった。

写真・図版
札幌市中央区にある円山公園。札幌駅や大通公園からもほど近い場所だ

札幌市中心部の木に数十匹

 公園内にあるハルニレなどの古木の、ゴツゴツとした表皮や空洞になった幹の内側から出たり入ったり。樹液を大量に出している大きな樹木や周囲の地面でもガサゴソ。1本の木に数十匹。数の多さから繁殖をともなったコロニーにみえた。涼しくなった9月下旬まで容易に観察できた。

 このゴキブリの集団は何か。まずは専門家に尋ねた。コオロギを仮死させる指技を持つ北海道大学電子科学研究所の西野浩史助教だ。

 西野さんは、その答えを持っていた。「円山公園から採ってきたヤマトゴキブリです」。見せてくれたのは今年夏の夜、円山公園で捕獲し、えさを与えて飼育ケースで育てていたものだった。

 「ヤマトは今や希少種ですよ…

この記事は有料会員記事です。残り2323文字有料会員になると続きをお読みいただけます。