「兄弟いるとわかって火つけた」容疑の伯父供述 小学生2人死亡火災

[PR]

 兵庫県稲美町の民家が全焼し、小学生の兄弟が死亡した火災で、現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕された伯父の無職松尾留与(とめよ)容疑者(51)が「子どもが室内にいるとわかったうえで火を付けた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 この家には兄弟と両親、松尾容疑者の計5人が暮らしていた。母を迎えに父が家を出た直後に出火しており、両親が不在になるタイミングを松尾容疑者がうかがっていた可能性がある。

 県警は26日午前、松尾容疑者を神戸地検姫路支部に送検した。

 捜査1課によると、送検容疑は、19日午後11時半すぎ、住んでいた稲美町岡の木造2階建て住宅に火をつけて全焼させ、就寝中だった小学6年の松尾侑城(ゆうき)君(12)と弟で小学1年の真輝(まさき)君(7)を死亡させたというもの。

 捜査関係者によると、松尾容疑者は容疑を認め、「ガソリンを使って火を付けた」とも供述しているといい、現場近くの車庫からは、農機具に使うためのガソリンの容器が見つかった。県警は、室内にあった布団に農機具用のガソリンをしみこませ、火を付けた疑いがあるとみている。