五輪・パラで走ったトヨタ車2700台はどこへ 「奪い合い」の人気

有料会員記事フカボリ

斉藤佑介
[PR]

 今夏の東京五輪パラリンピックで使われた大会専用車を覚えているだろうか。白ベースで赤や青の市松模様をアレンジしたラインが特徴だった。大会関係者を会場まで運んだり、競技の先導をしたり。閉幕から約3カ月、この約2700台はどこへ行ったのか。

 10月下旬、福島県郡山市の郡山自動車学校で、このうちの2台を見つけた。トヨタの水素燃料電池車「ミライ」で、「TOKYO2020」のロゴ上に自動車学校の名を冠している。

 「目立つので宣伝効果も期待したい。若い人の車離れが進むなか、環境に負荷のかからない車もあり、自動車も多彩だと知ってほしい」と学校関係者は願う。

 走行距離は100キロ前後の中古車。新車だと700万円超だが、懇意の販売店から声がかかり「お手頃な価格」(関係者)で購入できたという。教習車としては大きいため、送迎用として約60人の生徒を送り迎えしている。年明けから春にかけて入校生が増えるため、利用回数は今後もっと増える見込みだ。

 東京大会の専用車両は、閉幕後の9月中旬から中古車市場で販売が始まっていた。SNSでも「お得かも」「買う人いるのか?」と話題になった。

 大会のトップスポンサーだったトヨタが、電気自動車や自動運転バス、立ち乗り型の小型電気自動車など約3350台を大会向けに提供した。「大会で役目が終わりというわけではなく、今後も長く活用してもらいたい」(同社広報)として、プリウスカローラ、ミライなど乗用車約2700台の中古販売を決めた。

 その人気は高いようだ。

 「ネッツトヨタ郡山」(郡山…

この記事は有料会員記事です。残り644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
フカボリ

フカボリ

旬の話題の舞台裏から事件の真相まで、気になるニュースの深層に迫ります。世の中に流れる情報の一歩先へ。「もっと知りたい」「ちょっと気になる」に応えます。[記事一覧へ]