首相への階段、岸田氏の政治資金3.7倍 「SNSサポート」支出も

有料会員記事

野平悠一
写真・図版
記念撮影を前に笑顔を見せる岸田文雄首相(中央)ら=2021年10月4日午後10時43分、首相官邸、西畑志朗撮影
[PR]

 今年9月の自民党総裁選を制し、政権トップの座についた岸田文雄首相。26日公表の2020年の政治資金収支報告書からは、総裁候補として精力的に活動していた様子がうかがえる。その資金力は、自派閥を率いるようになった時に比べ3・7倍に膨らんだ。

 岸田氏は1993年の衆院選で初当選し、自民党が政権に返り咲いた2012年に古賀誠元幹事長の後継として、伝統派閥の宏池会の会長に就任。安倍政権下で外相や党政調会長などを歴任し、党内外から有力な「ポスト安倍」候補と目されるようになった。

 「禅譲」を期待していた安倍晋三元首相の退陣にともなう昨年9月の総裁選では、当時官房長官だった菅義偉前首相に敗れたものの、再挑戦した今年の総裁選で新総裁に選ばれた。

 岸田氏の資金管理団体「新政治経済研究会」の収支報告書によると、派閥会長に就任した12年の収入は3593万円で、支出は4793万円だったが、以後、右肩上がりに収支ともに膨らんでいる。

 昨年分の収支報告書によると…

この記事は有料会員記事です。残り538文字有料会員になると続きをお読みいただけます。