• アピタル

感染はなぜ減った? 福岡伸一さんが考える「病原体と宿主のあいだ」

有料会員記事

[PR]

 日本では10月以降、新型コロナウイルスの感染者数が減りました。朝日新聞で「新・ドリトル先生物語」を連載する生物学者の福岡伸一さんが、ドリトル先生と助手のスタビンズくんの口を借りて、この不思議な現象について、可能性の一つをつづりました。

スタビンズくん「ドリトル先生、連載中の物語もいよいよ後半の山場ですね」

ドリトル先生「うん。すべて動物たちの活躍のおかげだよ」

ス「このあと先生はガラパゴス諸島で、ダーウインと歴史的な対面を果たすことになるのですね」

ド「そうだね。あれはなかなかのものだった」

ス「ところで、大疫病の波が急に収まってきたようですが」

ド「まだまだ油断はできないが…

この記事は有料会員記事です。残り646文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!