唐沢寿明さんから突然の電話 博物館へ贈られた「2000GT」

有料会員記事

三浦惇平
[PR]

 「幻の名車」と呼ばれる、スポーツカー「トヨタ 2000GT」。生産された337台のうちの1台がこの秋、往年の名車がそろうトヨタ博物館(愛知県長久手市)に寄贈された。

 贈り主は、俳優の唐沢寿明さん。はじまりは、1本の電話だった。

 「以前ドラマの撮影でお世話になった、俳優の唐沢寿明です」

 今年8月中旬、博物館の代表電話がなった。その声の主は、数々の映画やドラマで主演を務めてきた俳優本人だった。愛車を手放すにあたり、博物館に寄贈したいという相談だった。

「ボンドカー」で話題

 2000GTは1964年、当時のトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)が、ヤマハ発動機の協力を得て開発に着手。世界中で優れたスポーツカーが相次いで誕生していた当時、トヨタも高性能車をつくることをめざしていた。

 その性能は、最高時速220…

この記事は有料会員記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。