第1回がんと妊娠、同時に告知 でも「産みたい」、エコー写真で変わった私

有料会員記事

後藤一也
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 「何かのまちがいであってほしい」

 半信半疑で向かったがん検診の再検査。医師からこう告げられた。

 「子宮頸(けい)がんでまちがいない。子宮をとらないといけない」

 2017年10月、群馬県の30代女性は頭が真っ白になった。

 さらにこう伝えられた。

 「妊娠しているよ」

 3歳上の彼と出会ったのは、その3年ほど前のことだった。

 彼は開業したばかり。なかなか結婚に踏み切れなかった。

 プロポーズを受けたのは、17年5月。彼のアパートで朝食をつくっているとき、「結婚しよう」と言われた。

 答えはもちろん「はい」。

 彼の両親にもあいさつに行った。

 結婚式はいつにしようか。そんなことに思いをめぐらせていたある日、生理中ではないのに出血があった。

「がんがあるかも」

 同じころ、子宮頸がん検診の案内が自治体から届いた。この年はいつもとは違う婦人科を予約してみた。

 すると、そこで予想もしていなかったことを言われた。

 「できて何年かたっているがんがあるかも」

 「そんなはずはないと思います」

 20代から子宮頸がん検診や会社の健康診断を欠かさずに受けていた。

 「いや、すぐにできたがんではなさそう」

 すぐに大きな病院を紹介された。

 そこで告げられたのが「がんと妊娠」だった。

 「産むことはできないよ」

 人工妊娠中絶をして、子宮をとる手術をすすめられた。

 「がん」という言葉が重すぎて、妊娠のことは何も考えられなかった。

 診察を終え、彼に結果を伝えた。

 「大丈夫だよ。何があっても大丈夫。どんな結果でもなるようになる」

 彼は優しく励ましてくれた。

 「子宮をとる」という医師の言葉がとてもつらく、食欲も元気もなくなった。

 なんとか子宮を残せないかと思い、東京都内の大学病院に電話した。

 「予約はとれませんが、初診で来たら診ることはできます。何時間待つことになるかわかりませんが……」

 朝一番で、病院に並んだ。

 だが、「中絶をすれば検査できる。検査をしなければ、子宮を残せるかわからない」の一点張りだった。

 子宮を残したい。おなかの赤ちゃんも、できることならば産みたい。

 なにか方法はないのか、医師に尋ねた。

 「ここではできないけど」

 「どこならできますか」

群馬県に住む30代の女性は子宮頸がんと診断されると同時に、妊娠していると告げられました。おなかの子どもに会いたい。でも、がんの治療をしながら妊娠を続けられるのか。葛藤の日々が始まりました。

 「えー。新潟だったかな………

この記事は有料会員記事です。残り1015文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!