「説明責任を果たすべき」 文科相、背任事件めぐり日大幹部を指導

桑原紀彦
[PR]

 日本大学板橋病院をめぐる背任事件について、末松信介文部科学相は26日の記者会見で「(社会に対して)全く十分な説明がなされていない」と日大の対応を批判した。また、日大理事らを24日に同省に呼び、説明責任を果たすよう口頭で指導したことを明らかにした。

 今回の事件では、元理事らが背任罪で起訴されている。さらに、田中英寿理事長が多額の所得を税務申告していなかった疑いも浮上しているが、これまで日大は記者会見などで事件について説明していない。

 末松文科相は「法人全体の問題として、徹底的な調査をスピード感をもって行うこと、適切な方法で速やかに説明責任を果たすことを(大学側に)改めて強く主張した」と述べた。(桑原紀彦)