フリマサイトの認証代行した疑い、料理人の男逮捕 格安SIM悪用か

土舘聡一
[PR]

 本人確認が不要な格安SIMカードを使い、フリーマーケットサイト利用者の2段階認証を代行したとして、警視庁は料理人の沢涼太容疑者(28)=埼玉県所沢市荒幡=を私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで逮捕し、26日発表した。「犯罪だと思わなかった」と話しているという。

 2段階認証は、フリマサイトやアプリ、キャッシュレス決済などで本人以外の利用を防ぐ仕組み。サイトやアプリの操作後にスマホに届く確認コードをアプリやサイトに打ち込むと手続きが進む。多くの運営会社が採用しているが、格安のSIMやスマホを使った「認証代行業者」が続出。全国の警察が「利用者を匿名化できるため犯罪インフラになる」として摘発に力を入れてきた。

 サイバー犯罪対策課によると、沢容疑者は5月、フリマサイトを使った岐阜県の20代の女を装い、確認コードを受け取った疑いがある。直後に女に伝えたといい、同課は共犯として女も立件する方針だ。

 沢容疑者の自宅からは格安SIMカードが約100枚見つかったと同課は説明。調べに「2~7月にSNSで客を募り、約300回やった。1回2千円で請け負った」と話しているという。(土舘聡一)