第3回「出産後に子宮をとる」揺らぐ覚悟 3年後、娘の言葉で心が晴れた

有料会員記事

後藤一也
[PR]

 「もしかしたら子宮をとらなくてもいいのでは?」

 出産まであと4カ月。2018年1月に新潟大医歯学総合病院で妊娠中に子宮頸(けい)がんの手術を受け、そのまま入院していた30代の女性は、出産後に子宮をとる覚悟が決まらなかった。

 「子宮を残すことはできませんか?」

 改めて医師に尋ねてみたが、「難しい」という答えだった。

 早産のリスクがあるため、安静が必要で、買い物で行けるのは病院内の売店ぐらい。病院内の図書館で借りた本を読んだり、部屋の窓から桜を眺めたり。

 「これだけゆっくり空を見上げたのは何年ぶりだろう」

 夫は毎週末、自宅のある群馬から、3時間以上かけて新潟に来てくれた。

 女性は出産後に子宮をとることがつらくて、「とらずにすむ方法はないのか」と、医師や看護師に何度も尋ねた。

 だが、結論は変わらなかった。

 なんとなくまだ自分のがんの重みがわからず、どこかひとごとのように思えていた。

 入院が長くなり、病院内で仲間もできた。退院した人が会いにきてくれたこともある。

群馬県に住む30代の女性は子宮頸がんと診断されると同時に、妊娠していると告げられました。がんの治療をしながら出産を目指すなか、厳しい現実を突きつけられます。それは、出産後に子宮をとるという治療方針でした。

「赤ちゃんが亡くなったんです」

 つらく、悲しい経験もあった…

この記事は有料会員記事です。残り1747文字有料会員になると続きをお読みいただけます。