新型コロナワクチンがヒントに? WADAが恐れる遺伝子ドーピング

有料記事

パリ=遠田寛生
[PR]

 世界反ドーピング機関(WADA)は25日、パリで理事会を開き、新型コロナウイルスワクチンの構造をまねして遺伝子ドーピングを試みるケースが出るかもしれないとして、対策の必要性を共有した。

 ドーピングに悪用されかねないとみているのが、遺伝子を用いたメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンだ。mRNAワクチンが人類に投与されたのは、新型コロナワクチンが初めてだった。

 このワクチンは、たんぱく質のもとになるRNAの状態で接種し、体内でたんぱく質を作る。

 こうした過程を悪用して、競技力の向上につなげられないか。そう考える科学者がいてもおかしくないとWADAは指摘する。

 もし実現したら、人工の遺伝…

この記事は有料記事です。残り294文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!