自民党から二階氏に6.3億円、使途は「極秘扱い」 政策活動費とは

有料記事自民

[PR]

 国民によるチェックと公正な政治活動を担保するための「政治資金収支報告書」で、使い道などがわからず不透明なのが、政党から政治家個人に渡る「政策活動費」などの支出だ。与野党の別なく活用されており、専門家らから見直しを求める声が上がる。

 26日に公開された自民党政治資金収支報告書によると、2020年は党本部から12人の議員に計9億8330万円が支出されていた。報告書には「支出の目的」に「政策活動費」とだけ記され、日付と金額、氏名と本人の住所があるのみ。役職名などの記載もない。

 うち6割以上にあたる6億3020万円が二階俊博幹事長(当時)に渡った。1年間、ほぼ毎月数千万円単位の入金があり、6月には1日で1億7千万円以上を受け取っていた。二階氏のほかには、政調会長だった下村博文氏、国対委員長だった森山裕氏など党幹部への支出が目立った。

「人間関係を潤滑にするため」

 第2次安倍政権以降の推移を…

この記事は有料記事です。残り901文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!