子ども10万円 現金とクーポンで事務費「900億円増」

有料会員記事

北見英城
[PR]

 岸田政権が決めた18歳以下の子どもへの10万円給付をめぐり、衆院予算委員会理事懇談会に出席した立憲民主党後藤祐一氏は26日、現金5万円とクーポン5万円に分けて支給する事務作業にかかる費用について、財務省が約1200億円かかると説明したことを明らかにした。後藤氏は、現金だけでなくクーポンと2回に分けたことで事務費が約900億円も増えたと指摘、臨時国会で政府に問いただす考えだという。

 後藤氏によると、財務省の担当者は理事懇で、現金給付の事務費は約300億円かかると説明した。そのうえで「クーポンもあわせると、最終的にトータルで1200億円かかる」と答えたという。

 岸田政権は18歳以下の子どもを育てる世帯の支援として、所得制限つきで子ども1人あたり10万円相当を給付する。先行して現金5万円を支給し、残りの5万円分は子育て関連の商品やサービスに利用できるクーポンとして渡すことにしている。自治体の判断で現金に切り替えることも可能となっている。

 後藤氏は理事懇後、記者団に…

この記事は有料会員記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    パトリック・ハーラン
    (お笑い芸人・タレント)
    2021年11月29日22時7分 投稿

    【視点】なんでクーポンなのか? 親に10万円の現金を渡してしまうと、ちゃんと子供にかけないかもしれない、という心配なのだろうか? 支援金の用途を政府がコントロールできるようにするために事務・管理に大金がかかる形になってしまうというのが、