第57回【新聞と戦争・アーカイブ】戦場の記者たち:5

有料会員記事

[PR]

【2007年7月18日夕刊2面】

 埼玉県内の特別養護老人ホームのロビーに、松林冏(けい)は車いすで現れた。

 1905年生まれの102歳。日本が国際連盟脱退を通告した33年、朝日に入社した。

 日中戦争の時、松林は従軍記者として中国に派遣された。そこで見た両軍の死闘は、69年を経た今も脳裏に刻まれているという。

 中国北部・山西省

 険しい山岳地帯に松林がたどり着いたのは、38年の夏だった。

 それまでは山形県米沢市に駐…

この記事は有料会員記事です。残り833文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る