「私も高齢者」小堺一機さん、サイコロトークで交通事故防止訴え

大山稜
[PR]

 タレントの小堺一機さん(65)が26日、東京都千代田区のJR有楽町駅周辺で交通安全を訴えた。警視庁によると、都内の交通事故の死者の半数近くは65歳以上。年末にかけて交通事故は増える傾向にあり、中高年に人気の小堺さんに事故防止への協力を仰いだ。

 東京都では昨年、交通事故による年間の死者が53年ぶりに全国の都道府県で最多となった。今年は25日時点で111人と、昨年の同じ時期に比べて20人少ないが、深刻な状況には変わりない。

 特設ステージに上がった小堺さんは、テレビの冠番組で人気を博した「サイコロトーク」を披露した。

 大きなサイコロを振り、「高齢者」「横断歩道」「飲酒」などの文字が出ると関連する事故防止の対策を確認。集まったお年寄りに「私も高齢者です。外出時は、自分が高齢と自覚することで事故に遭わないようにしましょう」と呼びかけた。

 都内では12月に入ると交通安全を訴える催しが各地で開催される。警視庁は飲酒運転など交通違反の取り締まりも強め、「危機感を持ってもらえるように取り組む」としている。(大山稜)