第68回【新聞と戦争・アーカイブ】戦場の記者たち:16

有料会員記事

[PR]

【2007年8月2日夕刊2面】

 従軍記者が日本で正式に認められたのは日清戦争からといわれる。兵隊とともに戦場を歩き、その生活を描き、激戦を報じ、日中、太平洋戦争で日本の報道関係者の殉職は約300人とされる(『日本戦争外史 従軍記者』)。

 だが、記者たちが命を賭して目の当たりにした現実の多くは、読者に伝わることはなかった。

 敗戦から2カ月後の1945年10月、海軍省担当や戦地での報道班員を経験した朝日新聞の門田圭三(93)は、「連合艦隊かくて果つ」と題した連載記事を書き、敗因を分析した。

 「ハワイ海戦、印度洋海戦等の戦果に、わが一航艦(第1航空艦隊)がやや驕(おご)つてゐたことも一つの原因として数へられてゐる」(10月13日付)

 戦中は許されなかった内容だが、ひそかに情報を得てノートに書きためていたのが役立った。

 「新聞に書く原稿と、歴史の…

この記事は有料会員記事です。残り719文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る