「鬱」も「薔薇」も秒で覚える オジンオズボーン篠宮さんの暗記法

有料会員記事

【動画】漢字の覚え方を説明・実演するオジンオズボーンの篠宮暁さん=伊藤進之介撮影
[PR]

 スマホやパソコンで字を打つ時代、読めても書けない字が増えています。とくに難しい字は覚えにくいもの。そんな中、漫才コンビ・オジンオズボーンの篠宮暁さんの、画期的な漢字暗記法が受けています。動画でもその様子をぜひどうぞ。(中島鉄郎)

 オジンオズボーンという漫才コンビを組んですでに20年を超え、漫才大会「M-1グランプリ」の出場資格も失ってしまって、このままだとアカンと思っていた頃、ひらめきました。日本漢字能力検定1級に合格したら、テレビのクイズ番組に出られるかもしれない、と。

 そんな思いで漢字検定を受けていたら、2級の試験で「鬱(うつ)」の筆記が出ました。難しくて書けません。

 どうやったら書けるんか、と思って漢字とにらめっこしたんです。そうしたら、一つ一つの部品が独立して見えた。例えば、「鬱」の上部は二つの「木」の間に「缶」がありますよね。

 これ、分解したらいけるんと…

この記事は有料会員記事です。残り1183文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!