「根尾は外野一本」「石川は筋トレ控えよ」 立浪竜のキャンプ終了

木村健一
[PR]

 中日が26日、秋季キャンプを打ち上げた。立浪和義新監督はこの日、大阪桐蔭高時代は遊撃が本職だった3年目、根尾昂について、来年は外野手に専念させることを決めたと明かした。

 この日に本人に伝えたといい、「外野一本で勝負した方が彼の肩が生きる。打てれば、競争だけれど、レギュラーのチャンスはある」と話した。

 根尾はプロ入り後、外野と遊撃や二塁でノックを受けてきた。しかし、遊撃のポジションを争う京田陽太との守備力の差は大きい。一方、外野は中堅手の大島洋平以外のポジションは今季も定まらなかった。

 根尾は「バッティングが物足りないという自覚はある。打つしかない。とにかく打って貢献したい」と、「外野手専念」の監督判断を受け止めていた。

 根尾以外の高卒ドラフト1位組では、今季はケガに苦しんだ愛知・東邦高出身の2年目、石川昂弥が、同じ右打者の中村紀洋打撃コーチのもとで振り込んだ。

 立浪監督はこう評価した。

 「ケガが多かったけれど、思ったよりも付いてきてくれた。コーチに言われたことが、最終クールにできだした。あれだけボールを遠くに飛ばせる」

 また、ウェートトレーニングは控えるように伝えたという。「石川は十分太く、思った以上に強かった。力がある人はケガをしない体作りが一番」

 石川は「監督に『よし』と言ってもらえるようになった」と手応えを口にしていた。

 立浪監督はこの日の練習前、選手たちを集め、2月1日に始まる春季キャンプまでの過ごし方を説いていた。

 「明日からオフに入るけれど、2カ月、自覚を持って取り組んでほしい。計画性を持って。しっかりやって下さい」木村健一