• アピタル

政府、南アフリカなど6カ国の入国規制強化へ 宿泊施設で10日待機

新型コロナウイルス

佐藤達弥
[PR]

 南アフリカで新たな新型コロナウイルスの変異株の検出が伝えられたことを受けて、日本政府は26日、南アフリカやその周辺国のジンバブエなどアフリカ南部の計6カ国からの入国に関する規制を強化すると発表した。6カ国からの入国者は、国指定の宿泊施設で10日間の待機が必要となる。適用は27日午前0時から。

 ほかに対象となったのはナミビア、レソト、エスワティニ、ボツワナ。いずれも、英国が25日、飛行機の乗り入れを禁止すると発表した対象国だ。(佐藤達弥)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]