困窮学生への10万円給付金、67万人を想定 留学生も 文科省発表

桑原紀彦
[PR]

 政府が26日に閣議決定した今年度の補正予算案に、困窮する大学生らに支給する10万円の「緊急給付金」の分として、675億円が計上された。文部科学省は支給対象者を約67万人と見込んでいる。

 文科省によると、給付金を受け取れるのは、国の修学支援制度の利用者のほか、原則として実家を出て生活▽多額の仕送りを受けていない▽家庭の収入減で支援が期待できないなどの要件を満たし、大学が推薦する学生(留学生含む)。支給要件の詳細は今後詰めるという。

 修学支援制度の利用者には、辞退の申し出がなければ、大学による推薦を経ずに自動的に口座に振り込むなどして支給する方針。(桑原紀彦)