「赤ちゃん」と呼ばれた左腕 日本Sでの快投後、恩師にかけた電話

有料会員記事

山口史朗
[PR]

 三塁側内野スタンドの前から数列目、グラウンドまで7、8メートルの距離だった。

 龍谷大平安高(京都)の野球部、原田英彦監督(61)は帽子を目深にかぶり、うつむき加減にグラウンドを見つめていた。

 「あいつに変な意識をさせたらいけませんから」

 視線の先にいたのは、プロ野球ヤクルトの左腕、高橋奎二(24)だった。

 21日に京セラドーム大阪であった日本シリーズ第2戦。平安高の教え子である高橋は先発マウンドを任された。その姿を見ようと、球場を訪れたのだ。

 プロ入りから6年目。高橋の投球を球場で見るのは初めてだ。ひと目見て、「筋肉がついて、体が大きくなったな」と分かる。

 高校時代の高橋は、まだまだきゃしゃだった。ただ、野球センスは抜群。2年春の選抜大会では、背番号10ながら初優勝に大きく貢献してくれた。

 性格は天真らんまんで人なつっこい。幼さ、体の細さ、かわいさから冗談交じりにこう呼んだ。

 「赤ちゃん」

 3年生になって高橋が「プロに行きたいです」と言い出すと、「何がプロじゃ! フロ(風呂)でも入っとけ!」と厳しく突き放したこともある。物足りない部分があったのもたしか。ただ、左腕の可能性は信じて疑わなかった。

 「けいじー!」

 試合前、平安高で高橋の1学年上で主将だった河合泰聖さんが監督の隣に来て叫んだ。「あ! こんにちは!」と高橋。気づかれてしまった。

 ただ、変な意識をさせてはいけない、という監督の心配は完全に杞憂(きゆう)だった。

 七回まで0―0の投手戦。「1点取られたら負ける試合。ずっとドキドキして、緊張して、しんどかった」という監督を尻目に、左腕は堂々たる投球を続けていく。

 八、九回にヤクルトが1点ずつ奪って2―0。最後までマウンドを譲ることなく、133球でプロ初完封を達成したのだった。

 試合後、目の前まできて手を振ってくれた教え子の姿に、自然と目から涙があふれていた。

 ただ、監督を喜ばせる出来事は、これだけではなかった。

 試合から数時間後、携帯電話…

この記事は有料会員記事です。残り666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!