クリスマス市でも接種証明提示、マスクなしは罰金 欧州再び規制強化

有料会員記事新型コロナウイルス

ハーメルン=野島淳、ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 欧州で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、各地で過去最多の感染者数となっている。ワクチン効果で夏までは落ち着いていたものの、秋に急拡大。繰り返される店舗の閉鎖や外出禁止措置などに市民の反発も出ている。新たな変異株にも懸念が広がる。(ハーメルン=野島淳、ブリュッセル=青田秀樹)

 「笛吹き男」の伝説で知られるドイツ西部のハーメルン。中世の趣を残す旧市街の広場に、2年ぶりにクリスマス市が立った。木組みの小屋で、パンに挟んだソーセージやホットワイン、土産物などが売られるが、例年とは様子が違う。

 近くにある旧市街の入り口では、警備員が「ワクチンの接種証明を出してください」と客を呼びとめる。証明書を見せ、手首にリボンを巻いてもらって会場に入る。警察や行政の監視員も巡回し、マスクをしていない人に「罰金ですよ」と注意していた。

 ドイツではコロナ禍の再拡大…

この記事は有料会員記事です。残り1446文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]