「共産と握手、表に出すものではない」 鳩山元首相が語る政権奪取論

有料会員記事立憲

聞き手・斉藤太郎
[PR]

 衆院選で野党共闘を進めながら議席を減らす結果となった立憲民主党。30日の代表選に向けて候補者の論戦が続いているが、「野党の盟主」として、政権交代に向けた青写真が描けているようには見えない。かつて民主党を政権与党に育てた鳩山由紀夫元首相に、今の野党第1党に求められる「政権奪取論」を聞いた。

 ――2009年に民主党政権を実現し、12年に政界を引退しました。今回の衆院選には関わりましたか。

 私はもう、どの政党にも属していません。最近は選挙から遠ざかっていたのですが、久しぶりに無所属の2人と立憲の2人の応援に入りました。

 やっぱり「このままではいけない」という思いがありまして。長期政権は腐敗するんですよ。役人まで平気でウソをついたり、文書を隠したりする状況になったものですから。

 09年の衆院選の盛り上がり…

この記事は有料会員記事です。残り2990文字有料会員になると続きをお読みいただけます。