複数のガソリン缶 1階の自分の布団燃やす? 放火殺人容疑の伯父

[PR]

 兵庫県稲美町岡で小学生の兄弟が死亡した民家火災で、現場近くの車庫から農機具用のガソリンの缶が複数見つかっていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 伯父で無職の松尾留与(とめよ)容疑者(51)=現住建造物等放火と殺人容疑で逮捕=は調べに「室内に兄弟がいるとわかったうえでガソリンに火を付けた」と供述しており、県警は、これらのガソリン缶が使われたとみている。

 県警は26日、松尾容疑者を神戸地検姫路支部に送検した。

 捜査1課によると、送検容疑は、19日午後11時半すぎ、住んでいた木造2階建て住宅に火をつけて全焼させ、就寝中だった小学6年の松尾侑城(ゆうき)君(12)と弟で小学1年の真輝(まさき)君(7)を死亡させたというもの。

 2人は当時2階にいて、死因は煙を吸ったことによる急性一酸化炭素中毒。捜査関係者によると、布団の燃えかすから油分が検出されており、1階にいた松尾容疑者が自身の布団にガソリンをしみこませて火をつけたと県警はみている。

 松尾容疑者に似た人物が火災後、町内のコンビニエンスストアで食料品を買う姿が防犯カメラに映っていたことも新たに判明した。 県警はこの映像を手がかりに行方を捜し、24日、東へ50キロ余り離れた大阪市北区の扇町公園で、服装の特徴が同じ人物を発見した。