• アピタル

米国、新たな変異株めぐり入国制限へ 南アなど8カ国、29日から

新型コロナウイルス

ワシントン=高野遼
[PR]

 南アフリカなどで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたことを受けて、バイデン米大統領は26日、南アフリカなど8カ国から米国への入国を制限すると発表した。29日から実施される。

 発表によると、入国制限の対象国は南アフリカに加えて、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、レソト、エスワティニ、モザンビーク、マラウイ。過去14日以内にこれら8カ国に滞在していた外国人は米国への入国が原則として禁じられる。米国人や米国の永住権を持つ人の入国は引き続き認められる。

 バイデン氏は声明で、今回の入国制限を「(変異株について)さらなる情報が得られるまでの予防措置」と説明した。国民に対し、追加接種「ブースター」を含むワクチン接種を急ぐよう改めて呼びかけた。

 また声明は「この新たな変異株のニュースは、世界的なワクチン接種を実現しない限り、なぜパンデミックは終わらないのかということを明確にするものだ」として、各国に対してワクチン寄付や、知的財産(特許)保護の免除によるワクチン生産拡大といった取り組みへの支持を訴えた。(ワシントン=高野遼)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]