商業施設屋上から買い物用カート落とした疑い、中学2年生逮捕 大阪

[PR]

 商業施設の屋上から買い物用のカートを歩道に投げ落としたとして、大阪府警は27日、府内の中学2年の女子生徒(14)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。府警によると、「遊び半分でやった」と話し、殺意は否定しているという。

 住之江署によると、逮捕容疑は、いずれも13歳の女子生徒2人と共謀し、26日午後6時25分ごろ、大阪市住之江区新北島1丁目の商業施設の屋上から、約20メートル下の歩道にカートを投げ落としたというもの。カートは歩道を歩いていた男性(53)のそばに落ちたが、男性にけがはなかった。

 男性が「カートが落ちてきた」と110番通報。防犯カメラの映像などから女子生徒らの関与が浮かび、住之江区内の公園で見つけて署に任意同行したという。

 3人は中学校の同級生。逮捕された生徒ともう一人の生徒が2人でカートを投げ落とし、さらに別の一人がその様子を動画撮影していたとみられる。14歳未満は刑法により刑事責任を問われないため、署は13歳の少女2人を触法少年として児童相談所に通告した。

 現場は大阪メトロ四つ橋線住之江公園駅の地上出入り口のそば。