福岡市、「楽天地」製造もつ鍋セットに回収命令 殺菌不十分の可能性

外尾誠
[PR]

 福岡市は26日、「有限会社楽天地」(水谷崇社長、同市中央区)が製造した家庭向けのもつ鍋セットの回収を同日付で命じたと発表した。牛もつの殺菌が不十分で、食中毒の原因菌が含まれる可能性があるためという。同日までに健康被害の報告はないが、「購入者は食べずに同社(0120・869・107)に連絡を」と呼びかけている。

 市によると、回収対象は今月10~16日に450個が製造された「もつ鍋セット2人前」。外箱に「博多 元祖もつ鍋 楽天地」の表示がある。福岡、佐賀両県の高速道のサービスエリアなどで販売され、熊本県東京都の食品会社にも卸された。

 販売先で牛もつ入り容器の膨張が判明し、26日に連絡を受けた市が製造所に立ち入り調査。食品衛生法で定められた加熱殺菌の基準を満たさず、菌が増殖している恐れがあると分かった。同社が自主回収を進めているが、同日時点で243個が未回収という。(外尾誠)