堀江さんがヨットお披露目、太平洋横断に挑む 「一番乗り心地よい」

浅倉拓也
83歳で太平洋横断に挑戦する堀江謙一さんのヨット「マーメイドⅢ号」の進水式=上田潤撮影
[PR]

 来年3月に83歳で単独無寄港太平洋横断に挑む海洋冒険家堀江謙一さん=兵庫県芦屋市=のヨット「サントリーマーメイドⅢ号」が完成し、広島県尾道市のベラビスタマリーナで27日、進水式があった。堀江さんは「これまでで一番乗り心地が良く、安全性が高いと思う」と喜んだ。

 堀江さんは1962年に兵庫県の西宮港から米サンフランシスコまでヨットで単独航海し、その記録をまとめた「太平洋ひとりぼっち」はベストセラーになった。それから60年の節目になる来年、サンフランシスコから西宮港まで約2カ月半かけて航海し、世界最高齢での単独無寄港太平洋横断をめざす。

 新たなヨットは、ツネイシクラフト&ファシリティーズ(広島県尾道市)が建造。船体はアルミ合金製で19フィート(約5・8メートル)。60年前の「マーメイド号」と同じサイズだが、太陽光パネルによる電源があり、衛星電話やパソコンも使える。

 この日の進水式では神事などの後、地元の園児らが音楽演奏で堀江さんを激励した。堀江さんは「こうして80代でも元気で航海できる。こんなうれしいことはない」と話した。(浅倉拓也)