2匹の公務員ネコ、職場は市役所の車庫 ごみ収集車を天敵から守る

有料会員記事

古畑航希
【動画】福岡県朝倉市環境課がネズミ対策に猫を飼育=古畑航希撮影
[PR]

 福岡県朝倉市の家庭ごみ収集を担う市の事務所に、2匹のネコがいる。敷地内を走り回ったり、職員にニャーニャーと甘えたり……。野良猫かと思いきや、実は市が予算を使って飼っているという。「公務員ネコ」のお仕事とは?

 ごみ収集車の駐車場をのぞくと、積まれた資材の上を2匹のネコが自由気ままに動き回っていた。休憩中の職員の足にすり寄ってきたり、猫じゃらしで職員と遊んだり。ときには敷地の外に出てしまうことも。

 2匹が事務所で暮らすことになったきっかけは、今年6月、市環境課の職員が住民から「3匹の子ネコが段ボール箱に入れられて捨てられている」と相談されたことだった。1匹は市職員の親戚が飼うことになったが、残りの2匹は引き取り手がなかった。

 自宅でネコをすでに飼っていた中村敬一郎課長がいったん家に連れ帰ったが、次の出勤日からは職場に連れてくるように。

 実は、課にとって待望のネコだったからだ。

■えさ代、市の予算に計上…

この記事は有料会員記事です。残り706文字有料会員になると続きをお読みいただけます。