維新・吉村副代表、代表選実施に賛成票 「新しいリーダーを」

維新

[PR]

 日本維新の会は27日の臨時党大会で、国会議員や地方議員ら特別党員による投票により代表選を実施せず、松井一郎代表(大阪市長)を再任することを決めたが、吉村洋文副代表(大阪府知事)と浅田均政調会長は代表選実施に賛成票を投じた。

 吉村氏は臨時党大会の終了後、記者団に「松井代表に続けてほしいという思いは僕も同じだが、松井代表がいるうちに新しいリーダーを育てた方がいいと思った」と語った。浅田氏も「松井さんが政治家をやっている間に、後継の代表を選び、指導していただけたらいいな思った」とした。

 松井氏は市長任期満了の2023年4月で政界を引退する考えを示しており、「代表選が行われる状況になった時には出馬をしない」と表明していた。