ポストは満杯、いつもの電話もない…ヤクルト販売員は異変に気づいた

石垣明真
[PR]

 自室で衰弱していた一人暮らしの70代女性の人命救助に貢献したとして、千葉県警佐倉署は26日、ヤクルト販売員の野口梓さん(40)に感謝状を贈った。外からは見えない女性の異変を察知できたのは、野口さんが感じた違和感からだった。

 野口さんが千葉県佐倉市内のエリアを担当するようになったのは約3年半前。今回救助された女性はその時からのお得意様だったといい、話し好きで、会うとよく昔話を聞かせてくれたという。

 いつも通り、事前の連絡を受けて、野口さんが12日に女性宅を訪問したところ、インターホンを押しても反応がなかった。これまでもよくあったことで、気には留めていなかったという。しかし、休みを除く13日と16日に再訪問したものの、やはり応答がない。いつもだったらあるはずの「寝てたからごめんね」といった電話もかかってきていなかった。女性宅のポストには新聞やチラシがたまっていた。

 そして17日、再び訪問した野口さんの目の前には、相変わらず満杯のポストと、反応のないインターホン。「これはおかしいな」と思った瞬間、ふと思い出した。「10月に来たとき、女性のろれつが回っていなかったような気がする」。野口さんが思い切って近所の交番に連絡したところ、駆けつけた警察官が寝室で衰弱していた女性を発見。女性は無事病院に運ばれたという。

 野口さんは「警察を呼んじゃってもよかったのかなという気持ちもあったが、助けられて良かった」と笑顔で話した。(石垣明真)