25季連続の「万羽鶴」 鹿児島・出水平野

具志堅直
[PR]

 ツルの越冬地鹿児島県出水市の出水平野で27日、県ツル保護会などによる今季2度目の羽数調査があり、1万6840羽を確認した。1万羽を超える「万羽鶴」は25季連続。

 内訳はナベヅル1万5511羽、マナヅル1314羽、クロヅル8羽、カナダヅル4羽、ソデグロヅル1羽、ナベクロヅル2羽。

 調査は、ツルが飛来する市内の干拓地ラムサール条約に登録された後、初めて実施された。一方、今季は市内の養鶏場やナベヅルの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されており、県が蔓延(まんえん)防止対策を強化している。(具志堅直)