傷害致死容疑で少年ら3人を逮捕 歌舞伎町のビル屋上の男性暴行死で

[PR]

 東京・歌舞伎町の雑居ビルの屋上で27日、暴行を受けた男性が死亡した事件で、警視庁はいずれも住所、職業不詳の関口寿喜容疑者(26)と、18歳の少年2人を傷害致死容疑で逮捕し、28日発表した。3人とも容疑を否認しているという。ビルの防犯カメラには事件に関与したとみられる別の複数の人物の姿も記録されていたといい、同庁が行方を追っている。

 捜査1課によると、3人の逮捕容疑は27日ごろ、新宿区歌舞伎町1丁目の雑居ビルの屋上で、住所、職業不詳の氏家彰さん(43)に暴行を加え、死亡させたというもの。氏家さんの肋骨(ろっこつ)が折れており、胸を殴られたり、蹴ったりされた可能性があるという。

 現場は新宿区役所向かいの11階建てのビルで、クラブなどが入居している。