• アピタル

イスラエル、すべての外国人の入国禁止 新たな変異株の感染確認受け

有料会員記事新型コロナウイルス

エルサレム=清宮涼
[PR]

 イスラエルは27日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が確認されたことを受け、原則としてすべての外国人の受け入れを2週間禁止することを決めた。イスラエルでは11月からワクチン接種者を対象に観光客の受け入れを再開したばかりだったが、大きな方針転換となった。

 決定によると、28日深夜以降、イスラエル政府が例外的に認める場合を除いてすべての外国人の入国を禁止する。ワクチン接種済みのイスラエル市民が海外から帰国した際も、最低3日間の自主隔離とする。

 ベネット首相は27日の閣議で、「我々は今、不確実な時期にいる。国境の管理を厳しくしておかなければいけない」と述べた。シャケド内務相は地元メディアで「我々の仮説は、変異株(オミクロン株)はほとんどすべての国に広がっているということだ」と説明した。

 イスラエルではこれまで、ア…

この記事は有料会員記事です。残り269文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]