「あとどれだけいるんだ」 航空隊員がみた夏山遭難現場

有料会員記事

[PR]

 「申し訳ありませんでしたっ……」

 2009年9月14日、北海道・大雪山系トムラウシ山(2141メートル)。北海道警の実況見分に立ち会っていた男性(当時32)が土下座した。

 2カ月前、登山ツアーの客とガイドの一行が遭難し、客7人とガイド1人が亡くなった。男性は3人いたガイドのひとりだった。

 当時、道警航空隊の警部補だった尾崎雅義(49)は遭難者の救助にあたり、地形を熟知していたこともあり、実況見分に同行していた。

 男性の姿を見て、背負っているものの重さを感じた。

 「山登りは、命の危険と隣り合わせ」。それが夏山も例外ではないことを、改めて痛感させられた事故だった。

 09年7月17日の明け方。空はオレンジ色にほのかに染まり、厚い雲からトムラウシ山がのぞいていた。

 「到着5分前」

 道警ヘリ「だいせつ2号」で…

この記事は有料会員記事です。残り1748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!