父さんの作った「鍵」、僕の心のドアも開くんだ 中3の詩に最優秀賞

榎本瑞希
[PR]

 子どもたちが家族への思いをつづる「第28回おかあさんの詩コンクール」(NCC長崎文化放送主催、JA全農ながさき共催、朝日新聞社など後援)で、長崎市立淵中3年・原田晋之介さん(15)の「『話』という名の鍵」が最優秀賞に選ばれた。

 原田さんの父・智徳さん(49)は錠施工技師。自ら営む鍵店で、お客さんのドアにぴったり合う鍵をつくっている。

 あるとき、原田さんは父が家では別のドアを開けようとしていることに気づいた。「恥ずかしい」「カッコつけたい」「めんどくさい」。中学生になって色んな鍵がかかった、自分の心のドアだ。

 お笑い芸人の話題を出したり、面白い返しでニヤリとさせたり。父はあの手この手を使う。

父さんは 何度も 何度も 形を変えて 鍵を作ってくる

だから 時々開くんだ

僕は笑ってしまう

父は心の中に入ったけど 僕が追い出す

毎日 この繰り返し

はぁ 今日も開けようとしてくるよ

 108校・1853編の応募作から選ばれた入賞作品は、長崎文化放送で紹介する予定だ。28日、智徳さんと収録に臨んだ原田さんは「父とずっと話せたらいいなという思いを込めました」と笑顔を浮かべた。

 ほかの受賞者は次のみなさん。(敬称略)(榎本瑞希)

     ◇

 【全農パールライス賞】三宅正真(佐世保市立福石中1年)

 【審査員特別賞】上野遥人(長崎市立坂本小4年)

 【NCC賞】籔根風花(大浦信愛幼稚園)▽川上礼都(大村市立竹松小1年)▽中村侃真(時津町立時津東小2年)▽川上朱莉(大村市立竹松小3年)▽黒田夏蓮(南島原市立大野木場小5年)▽川島虎太朗(長崎南山小6年)▽片岡真己(長崎市立淵中2年)

 【佳作】吉田一翔(くるみ北幼稚園)▽荒木憬那(長崎大付属小1年)▽広野咲良(聖マリア学院小2年)▽前田恋咲(長崎市立坂本小3年)▽田中沙奈(長崎南山小4年)▽釜坂美海(東彼杵町立彼杵小5年)▽杉本大河(長崎市立畝刈小6年)▽道口心優(長崎市立淵中1年)▽草加陽菜乃(長崎市立橘中2年)▽柳田継互(長崎市立淵中3年)

 【学校賞】聖マリア学院小、長崎市立大浦中