• アピタル

オランダで13人がオミクロン株感染 南アからの乗客、保健当局発表

新型コロナウイルス

ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 オランダの保健当局は28日、南アフリカからの航空便の乗客13人が、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に感染していたと発表した。26日にアムステルダム郊外のスキポール空港に着いた2便計624人の乗客のうち61人が感染の検査で陽性となり、詳しい分析を進めていた。オミクロン株の感染はさらに増える可能性があるとしている。

 オランダ政府は、欧州連合(EU)の市民らを除いて南アフリカやボツワナなど8カ国からの航空便での入国を禁じているが、これらの2便は規制がかかる前に到着していた。乗客は、ワクチンを接種済みか、搭乗前にコロナ感染が陰性だったとされるものの、オランダ到着時に陽性が10人に1人にのぼった理由は明らかになっていない。

 保健当局はまた、入国規制をかけた8カ国から22日以降にオランダに入った人に対して、検査を受けるよう求め、自主的な隔離などで他人との接触を減らすのが大事だと呼びかけている。(ブリュッセル=青田秀樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]