• アピタル

オミクロン株の拡大、G7保健相が緊急会合へ 仏加でも感染疑い

新型コロナウイルス

ロンドン=金成隆一 パリ=疋田多揚、ニューヨーク=中井大助
[PR]

 南アフリカで見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が、欧州をはじめ、世界各地で相次いで確認されるなか、英政府は28日、オミクロン株に関する、主要7カ国(G7)保健相の緊急会合を29日に開く、と発表した。英国は今年のG7議長国。(ロンドン=金成隆一)

     ◇

 フランス保健省は28日、国内で8人がオミクロン株に感染した疑いがあると明らかにした。

 いずれも過去2週間の間にアフリカ南部での滞在歴があったといい、現在隔離措置を取っているという。

 また、カナダ・オンタリオ州は28日、オタワで2件のオミクロン株感染が確認されたと発表した。いずれも、ナイジェリアへの渡航歴がある個人で、現在は隔離中という。感染が判明した状況などは明らかにされていない。オミクロン株への感染が北米で確認されたのは初めてとみられる。

 カナダのデュクロ保健相は28日の声明で、オンタリオ州から報告を受けたとし、「監視システムが機能していることを示している」とコメントした。検査が進めば、今後もオミクロン株の感染者が他にも国内で見つかる可能性が高いとの見方を示した。

 カナダは26日から、オミクロン株の感染が拡大している南アフリカなどに滞在していた人の入国を制限する措置をとっている。ただ、ナイジェリアは制限の対象となっていない。(パリ=疋田多揚、ニューヨーク=中井大助

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]