65の「世界遺産」、大阪で見れるで 「世界一周旅行の気分を」

朝倉義統
[PR]

 百舌鳥(もず)・古市古墳群の大山(だいせん)古墳だけでなく、インドのタージ・マハルやスペインのサグラダ・ファミリアなど世界の65の世界遺産が大阪に大集結している。

 実は、心斎橋パルコで開催中の「PIECE OF PEACE 『レゴ(登録商標)(R)ブロック』で作った世界遺産展 PART-4 FINAL」でのことだ。

 18年間続いていて、サグラダ・ファミリアは変化していっている。使ったピース数が一番多いのは、サグラダ・ファミリアではなく、2019年に火災があったパリのノートルダム大聖堂の約5万8千ピースだという。

 担当者は「世界一周旅行の気分が味わえます」。

 12月12日まで。中学生以上600円、小学生300円。(朝倉義統)